ステージ22
〜ほんのひととき〜

ここでは映画に使われていた本物のセットやハリウッド・スターが使った衣装や小道具など映画のウラ側を見せてくれる。

映画のセット それも本物など見るチャンスはめったに無い。現在は「フリントストーン2」を公開中!ということでちょっとコミカルな空間を体験することにした。

ホールの中には あふれんばかりの衣装や小道具、セットなどが飾られ、映画の世界を目の当たりにする。

「あっ こんなイス 部屋にあったらいいなぁ〜」とか「このトレーラーハウスでキャンプに出掛けてみたいなぁ」など色々な想いが頭の中を駆け巡る。

中でも石器時代のメリーゴーランド?らしきものは 恐竜の顔がみな とぼけていてかわいい。見ているだけで ほのぼのしてくる。スクリーンを通してでは 伝わってこなかった鮮やかな色使い、質感、そして小道具たちの表情…どれを取っても温かみを感じる。

展示なので 他のアトラクションと比べれば地味に思われがちだが、こんなに身近に映画の世界を実感できる アトラクションは無い。

この空間を自分が監督になった気持ちで見るもよし。脚本家のつもりで新しいストーリーを創るのもよし。

うれしいことに、ココは撮影OK!ってことで、あたしは、少しポーズを作って写真を撮ってみた。それだけで 気分はとっても ハリウッド・スター!

※「フリントストーン2」は、2001年・夏までの公開です

ここではセットなどと一緒に写真が撮れるのでスターに「なりきる!」が勝ち!但し、展示物に触れたりしない最低限のマナーを守って楽しみましょうね。




作 かのん ご意見ご感想は kanon@house-club.net まで送って下さい
上記のレポートは当方が独自で調べて書いてあります
もし上記レポートに共感されたり、それは間違っているという意見がありましたらドシドシ担当者までメールで送って下さい

製作者は皆さんのご意見やご感想や告白&アドバイスが何よりも刺激になりますので。よろしくお願いします
USJにドットコム製作者一同

製作 担当編集者 かのん スタッフ ぱんだ みゆまま まにあ  写真提供 IVWさん ドナさん N氏

掲載内容の無断転載、転用等は禁止します。 もし掲載されたい場合はココまで連絡してください
ご意見、ご感想は USJにドットコム までお願いします
Copyright(C) 2001-2004 USJにドットコム All rights reserved