バック・トゥー・ザ・フュ−チャ・ザ・ライド
〜逃亡者を捕まえろ〜

 今日はいよいよ今話題の「タイムトラベルツアー」への参加日だ。
ワクワクする気持ちを抑えつつ研究所へ向かう。研究所はすでにタイムトラベルツアーに参加するであろう人々でごった返している。

 早速受付をすまし「タイムトラベルツアー」の始まりだ。まずは「キューライン(待合所)」へと案内された。そこではツアー参加者達向けにテレビモニターが設置されていて、「タイムマシン」の発明者「ドク・ブラウン博士」が映し出されている。ワクワクしながら博士の話を聞いていた私の目に飛び込んできたモノ、それは悪党「ビフ」の姿だった!!!。
ヤツの事は知らない人はいないだろう。「悪党・ビフ」として今や世間に名を知らしめている。
今も画面の中でビフはやりたい放題。

 『何?この研究所の「タイムマシン」を盗み出しただと?』

と、画面に「ドク・ブラウン博士」が写しだされた。博士は私達に「ビフ」を捕まえて欲しいと頼んできた。

 これは願ってもないチャンスだ!!!【いっちょ悪党ビフをやっつけてやるか!(^^)】と、気合い十分の私たちの元にツアーガイドがやって来た。

 どうやら タイムマシン「《新型》デロリアン」まで案内してくれるらしい。

 ガレージで、博士から細かい指示を受け、いよいよ乗り込む時が来た!
扉の向こうでは静かに「デロリアン」が私達を待っていた。その姿は、精悍で たくましい。

 乗り込むやいなや、すぐさまドアが閉められ いよいよ「悪党ビフ」を捕まえるべく出発だ。
時空を越えて過去から未来へ…。ビフは傍若無人に暴れ回っている。だが、何としても「悪党ビフ」は私たちの手で捕まえるのだ。なんたってこっちは「《新型》デロリアン」なのだから!

 タイムトラベルには危険ももちろん付き物だ。だが、それに負けずに私と一緒に「悪党・ビフ」を捕まえようじゃありませんか!!!。

 どうです?タイムトラベル・ツアーに参加します? しません?


当スタッフ みゆままの特選アドバイス!!

入り口にあるデロリアンは撮影スポットだけど、運がよければそこでドクと肩を組んで記念撮影できるヨ!みゆままにはドクが頭にさしているサングラスも貸してくれたのだ!!アトラクションに乗った後も同じ場所に戻ってくるので、ドクを探そうネ。(^o^)丿 そしてライドの中でドクのメッセージがよく聞こえるのは1列目の真ん中の席。2列目になってしまうと残念ながら見えにくいかも・・・。(-_-;) 途中で止められないのでお子様は乗らないほうがベターね。


みゆままへの個別アドバイス希望者はお気軽に
miyumama@house-club.net まで、どうぞ・・・
可能な限り返信させて頂きます


作 ぱんだ ご意見ご感想は panda@house-club.net まで送って下さい
上記のレポートは当方が独自で調べて書いてあります
もし上記レポートに共感されたり、それは間違っているという意見がありましたらドシドシ担当者までメールで送って下さい

製作者は皆さんのご意見やご感想や告白&アドバイスが何よりも刺激になりますので。よろしくお願いします
USJにドットコム製作者一同

製作 担当編集者 ぱんだ スタッフ かのん みゆまま まにあ  写真提供 王子さん

掲載内容の無断転載、転用等は禁止します。 もし掲載されたい場合はココまで連絡してください
ご意見、ご感想は USJにドットコム までお願いします
Copyright(C) 2001-2004 USJにドットコム All rights reserved